山本太郎がミナミで「警察と一触即発」と立川談四楼!

 立川談四楼がツイートした。

「山本太郎が大阪ミナミで警察と一触即発」

 つまり「都構想反対」の街宣を根拠なく止められたんだ。

 何かあるなと思ったら、そこから徒歩5分の所で「雨ガッパ松井とイソジン吉村」の両氏が「二重行政を無くせ」と訴えていたんだ。

 告示日だからね。維新は山本太郎が苦手との噂は本当だったということだ。  (以上)

*********************

 大阪府警察本部は大阪府庁の組織の一部。大阪は府知事も市長も維新の会が占めている。上の命を受けて、あるいは上の意向をソンタクして、警備・公安警察が動くのはあり得るべし、である。

 実におかしな話だ。片一方には言論の自由を認めていながら、他方には「公道で演説するな。通行の邪魔だ。すぐやめろ」と言うのは戦前の「オイコラ」警察と同じだ。気に食わないののは排除しようとする。

 市民が黙っていると「戦前」が復活する。

"山本太郎がミナミで「警察と一触即発」と立川談四楼!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。