記者クラブで司会したのが自慢の毎日新聞記者!

 毎日新聞のネット情報のトップに「菅首相の天敵が新政権への危機感を告発」との、ひときわ大きな見出しが出ていたので「何のことか?」とクリックしてみた。

ここをクリック https://mainichi.jp/

 何のことはない「東京新聞記者の望月衣塑子が、菅義偉内閣に危機感を募らせている」というのだ。わざわざ他社の記者を引き合いに出さなくても、言いたいことがあれば、自分で言えばいいではないか。

 おまけにこんなことを言った。「政治記者生活でありがたかったのは、日本記者クラブで司会をした」ことだそうだ。気は確かかと問いたい。あきれて二の句が継げないよ。コメントするのもバカバカしい。

 ちなみに、この人物は詐欺商法で逮捕されたジャパンライフ会長の山口隆祥が毎月、帝国ホテルで主催する集いにも参加していた。常連である。

詳しくはここをクリック
https://kot8asb9070.at.webry.info/202009/article_205.html

**********************
倉重篤郎のニュース最前線

 菅政権が発足した。顔ぶれは、安倍内閣の枠組みを引き取り、菅色、二階色をまぶしたという印象。しかし、だからこそ、この政権には懸念を抱かせられる。菅首相の天敵とも言える望月衣塑子・東京新聞記者が、「安倍政権以上に統制がひどくなるだろう」と危機感を表明しつつ、新政権を告発する。

 政治記者生活でありがたかったのは、日本記者クラブの企画委員を長く務めさせていただいたことである。

 時々の政治課題に合わせ、政治家、役人、民間人を問わず、ゲストとして日本記者クラブにお呼びし、自らが司会者としてその記者会見を仕切れるからだ。

"記者クラブで司会したのが自慢の毎日新聞記者!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。