米国に次ぎオーストラリアも「外交ボイコット」!

 オーストラリアのモリソン首相は8日、北京冬季五輪に選手団以外の外交使節団を派遣しない「外交ボイコット」を決めたと発表した。

 中国の新疆ウイグル自治区での人権問題などを理由に挙げた。外交ボイコットは米国に続く動きとなる。  (以上日経)

****************************

 英国など欧州でも同様の声明が出るだろう。

 中国共産党の最高幹部が中国人女子テニス選手を犯し、チベットやウイグル、香港を弾圧する共産国家で五輪開催などあり得ない。暗黒社会に五輪はふさわしくない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント