香港の良心、リンゴ日報に「自由のための金ペン賞」!

 世界各国の報道機関でつくる世界新聞・ニュース発行者協会(WAN―IFRA)は1日、報道の自由に寄与したジャーナリストに贈る2021年度の「自由のための金ペン賞」を、6月に廃刊になった民主派系の香港紙、蘋果日報(リンゴ日報)創業者で服役中の黎智英氏らに授与すると発表した。

 オンライン開催中の年次総会「世界ニュースメディア大会」で「香港と(東アジア)地域、そして世界のジャーナリストが信頼と独立性を保って職務を遂行することへの抑圧が強まる中、直面する恐怖と課題を浮き彫りにした」と評価した。  (以上共同通信)

**************************

 香港の良心として香港人の信頼を集めた蘋果日報(リンゴ日報)は自由と民主主義の大切さを訴え続けた。

 その先頭に立ったのが創業者の黎智英氏だった。国家反逆罪に当たると官憲によって連行、投獄された。

 こんなバカなことが行われているのが中国である。中国共産党の気に食わない者は片っ端から逮捕し、監獄にぶち込む。

 中国共産党一党独裁の恐怖政治はいつまで続くのか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント