来年3月、山中伸弥教授がiPS細胞研究所長を退任!

 毎日新聞によると、京都大学は8日、山中伸弥教授(59)がiPS細胞研究所の所長を任期終了により2022年3月末で退任する、と発表した。

 今後も在籍して研究に注力する。山中氏はコメントで「この数年は、研究者として最後の期間は自身の研究に注力したい、という思いが日に日に強くなっていた」と明かした。

 次期所長には高橋淳(じゅん)教授(60)=脳神経外科学=が選出された。任期は22年4月1日から2年間。

 2日に開かれた教授会で決まった。山中氏は同研究所の設立時から10年以上所長を務めてきた。

 コメントで「多くのプロジェクトが臨床試験の段階に到達しつつある中、自らも臨床試験を先導している高橋先生は新所長として最適の研究者。私は基礎研究者としてiPS細胞や医学・生物学の発展に貢献できるよう全力を尽くす」とした。

 高橋氏は京大医学研究科博士課程を修了。京大病院などで臨床を経験し、12年から同研究所教授を務めている。18年にはヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った細胞を、パーキンソン病の患者の脳に移植する臨床試験を世界で初めて実施した。 (以上)

**********************

 山中先生に「お疲れさまでした」という言葉はふさわしくない。

 先生にはこれからまだまだ、やっていただくことが山ほどあるからだ。

 今後も期待しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント