議員バッジを木製に切り替え!大阪府議会が経費削減!

 例え維新の会のパフォーマンスであっても、目に見える形で経費削減を実現することはいいことだ。

 自民党は長年府政を牛耳っておきながら、ただの一度もこうしたことを実行したためしがない。

 また、立憲民主党や日本共産党などからの提案もなかった。維新の会は点数を稼いでいる。

 なにもせず、惰眠をむさぼる政党は淘汰されてしかるべきだ。

*********************
NHKの報道。

 大阪府議会は、経費の削減につなげようと、議員バッジの素材を見直し、製作に2万円以上かかる今の金属製のものから、安価な木製のものなどに切り替えることを決めました。経費節減のため維新の会が提案した。

 大阪府議会の議員バッジは、金や銀を素材に金めっきなどがほどこされ、製作には1つ当たり2万2000円かかっています。

 これについて大阪府議会は経費の削減につなげようと見直すことを決め、大阪産のひのきを使った4000円余りの木製のバッジと、素材がより安価な3700円の金めっきのバッジの、2つを交付することにしました。

 議員1人当たり1万4000円前後の製作費の削減になるということです。

 また、これまで選挙で当選するたびに新しいバッジを交付していましたが、今後、再選された場合は同じバッジを使うことにしました。

 2つを交付するのは耐久性を考慮したためとしており、こうした運用は次の選挙から始めるということです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント