「人生劇場」吉良の仁吉と山本太郎がダブって見える!

 「やると思えば どこまでやるさ これが男の 魂じゃないか」で始まる村田英雄の名曲「人生劇場」の歌詞に、こんなくだりがある。

 「男心は 男ででなけりゃ」「吉良の仁吉は 男じゃないか 俺も生きたや 仁吉のように」

 私はこの歌が好きでね。

 若いころ、辛い時、苦しい時には決まってこの歌詞が頭に浮かんだ。そして「負けるもんか、頑張るぞ!」という思いが蘇った。「人生劇場」は私の応援歌である。

 いま、なぜか「人生劇場」の仁吉と、山本太郎がダブって見える。

 与野党数ある議員の中で「本物はどいつだ」と聞かれたら、文句なしに山本太郎を挙げる。

 私は心底、山本太郎の心意気に惚れこんでいる。太郎は本気でこの不公平がまかり通る世の中を変えようと思っている。そんな山本太郎の力になりたいと考えている。

 自分のことのように支援したくなる者がいることは、幸せだと思っている。

 山本太郎は本気だ、命がけで自公政権を倒す気だ!
詳しくはここをクリック
https://kot8asb9070.at.webry.info/202111/article_212.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Kazuko Nakamura
2021年11月15日 08:24
よく言った!私は古い人間なので、この記事に感激!今の政界に絶望してたけど、太郎さんの活躍が一条の希望。「やると思えばどこまでやるさ。それが男の魂」いいねぇ。