男が周囲を気にしながら「2つの封筒」を差し出した!

 神奈川県大和市にある古びた喫茶店『F』。薄暗い店内の片隅でワイシャツ姿の中年男性二人が向かい合っていた。  手前に座った年配の男が周囲を気にしながら、テーブルの上に2つの封筒を差し出した。 「ウフフフ……」  封筒を見た窓際の男が、突如笑い声をあげ、年配の男が冗談めいた口調で「本物でしょ?」と語りかけた。  窓…
コメント:0

続きを読むread more

逮捕された男は安倍晋三が「ヤブちゃん」と呼ぶ親友!

 日大付属病院の建て替え工事をめぐって、東京地検特捜部は、日大理事の井ノ口忠男(64)と大阪市の大手医療法人「錦秀会」前理事長・籔本雅巳(61)を背任容疑で逮捕した。  籔本は安倍晋三が「ヤブちゃん」と呼ぶオトモダチで、大阪・北新地の高級クラブのオープン記念パーティにも呼ばれる仲だったという。  週刊ポスト(2018年2月2…
コメント:0

続きを読むread more

ミャンマー国軍派遣の外交官計5人を日本政府容認!

 東京新聞によると、ミャンマーを実効支配する国軍が、日本に派遣した外交官計5人を、日本政府が認めていたことが分かった。外務省は邦人保護などの必要性から相互窓口の維持を理由に挙げている。  「軍政の承認ではない」と説明しているが、民主派が設立した「挙国一致政府(NUG)」とは密接な関係を築いておらず在日ミャンマー人から失望の声が上が…
コメント:0

続きを読むread more

ゴーンの逃亡先中東レバノン全土で数日停電見通し!

 保釈中に日本から逃亡したカルロス・ゴーンが逃げ込んだ中東の最貧国・レバノンで、2カ所の大規模発電所が燃料不足のため相次いで操業を停止し、全土で停電した。政府関係者は、停電が数日続く見通しだと述べたという。  詳しくはここをクリック https://news.yahoo.co.jp/articles/5c8c7d33841400…
コメント:0

続きを読むread more

郵便経費6億円で購入!自民後援会に配るカレンダー!

 全国の郵便局長が2019年と20年、自民党参院議員の後援会の会員らに配布したカレンダーが、日本郵便の経費で購入されていたことが、西日本新聞が入手した内部資料などで分かった。  参院議員は小規模局の局長でつくる任意団体「全国郵便局長会」(全特)が支援しており、「全特の各地方組織の幹部が支援者への配布を指示した」との複数の証言もある…
コメント:0

続きを読むread more

マスコミ対応が安倍・菅時代から激変した岸田首相!

 岸田首相が就任してマスコミ対応が安倍・菅時代と激変した。官邸の出入りの際などに記者団の質問に答える「ぶら下がり取材」に連日対応している。  安倍・菅政権では記者の要請に仕方なく応じる形が通例だったが、岸田政権では首相側が取材機会の設定を「逆提案」。積極的なマスコミ対応で「発信力」と「違い」を印象付ける狙いがあるようだ。いいことだ…
コメント:0

続きを読むread more

「台湾の国家主権は断固守る」と習近平の主張に反発!

 台湾は9日、習近平がこの日の演説で中台統一に自信を示したことに「台湾の未来と発展について決定権があるのは台湾人だけだ」と「断固として国家主権を守る」と強調した。  孫文は「台湾の父」と崇められている。  台湾はその孫文が主導した辛亥革命について「中華民国(台湾の正式名称)の記念日だ」と表明し、習近平が演説で共産党が「(孫文…
コメント:0

続きを読むread more

辛亥革命まで「自己宣伝に利用」する悪辣な独裁者!

 中国で清朝が倒された辛亥革命から110年となるのを記念する式典が9日、北京の人民大会堂で開かれた。  習近平は演説し、「祖国の完全な統一という歴史的な任務は必ず実現する」と力説した。  統一の方法については、香港とマカオで取り入れた「一国二制度の適用を目指す」と習近平。  堂々と平気でウソをつくところは安倍晋三とそっ…
コメント:0

続きを読むread more

こんな、みじめな暮らしがこの先、いつまで続くのか?

 私の現役のころは小川ローザの「Oh!モーレツ!」や「24時間戦えますか!」などと言うテレビCMが流れていた時代だ。  土日どころか正月も呼び出され、予定していた年末年始の家族旅行を直前キャンセルしたことがあった。  こんな激務がたたって当然のように糖尿病になった。ストレスから飲み食いぐらいしか楽しみがなかったためで…
コメント:0

続きを読むread more

ノーベル平和賞受賞を「見てはならぬ」と閲覧禁止!

 中国共産党政府がことしのノーベル平和賞に関する一切の情報を閲覧禁止にした。  習近平中国が最も警戒すべき対象が受賞したからだ。  報道の自由を絶対認めない中国共産党らしいやり方である。 ************************  ノーベル平和賞受賞者にロシアの独立系紙編集長ドミトリー・ムラトフ氏が決まっ…
コメント:0

続きを読むread more

再調査求める手紙しっかりと受け取めると岸田首相!

 TBSによると、岸田総理は、財務省の公文書改ざん問題で自殺した近畿財務局の元職員の妻から再調査を求める手紙を読んだことを明らかにしたうえで、「しっかり受け止める」と語りました。 「(Q.森友問題で赤木さんからお手紙は届きましたか)  届いております。 (Q.読まれたんでしょうか)  読みました。 (Q.ど…
コメント:0

続きを読むread more

「民主主義がよくない」と叫ぶ専制国家を仏代表非難!

 民主主義を根本理念とする国家は連帯して台湾を守るべきだ。  21世紀に戦争を仕掛けるなど中国共産党政権はとんでもない悪魔である。  世界が結束して習近平中国の「戦争の野望」を叩き潰さなくてはならない。 **********************  時事通信によると、台湾を訪問中のフランス上院議員4人の代表団は…
コメント:0

続きを読むread more