速報! 東京都23区と埼玉県南部で震度5強の地震!

3枚揃って上に立てかけてあった湯船のふたも落下。  7日午後10時41分ごろ、千葉県北西部を震源とする地震があり、埼玉県南部と東京都23区で震度5強を観測した。  気象庁によると、この地震による津波の心配はない。  震源の深さは約80キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6・1と推定される。  地震の影響で、…
コメント:0

続きを読むread more

速報!関東地方で震度5強の地震! 津波の心配なし!

 7日午後10時41分ごろ関東地方で震度5強の地震があった。  震度5強を観測したのは埼玉県宮代町、東京足立区。この地震による津波の心配はない。  震源地は千葉県北西部で震源の深さは80キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6.1と推定されている。
コメント:0

続きを読むread more

中国恒大の資金繰りに赤信号!債務不履行に陥る恐れ!

 時事通信によると、経営危機に陥った中国不動産開発大手・中国恒大集団の資金繰りをめぐり、新たな懸念が生じている。  恒大から債務保証を受けた企業が満期を迎えた社債の支払いを行わず、デフォルト(債務不履行)に陥る恐れが浮上。恒大も連鎖的にデフォルトとなる可能性が出ており、先行き不透明感が一段と強まってきた。  米ブルームバーグ…
コメント:0

続きを読むread more

分配政策により「分厚い中間層」を再構築と岸田文雄!

 分配政策による「分厚い中間層」の再構築は、池田勇人の「所得倍増計画」の令和版である。  デジタル田園都市国家構想は、大平正芳が唱えた「田園都市構想」の現代版だ。  いずれも保守本流と言われた宏池会の先達が率先した基本政策である。  今、その保守本流を率いているのが岸田文雄である。  小泉純一郎から安倍晋三まで悪…
コメント:0

続きを読むread more

岸田首相と悪の権化・安倍との戦いはこれからが本番!

 岸田政権は「安倍にとっては50点」と安倍の側近が言う。  官房長官に萩生田光一、幹事長に高市早苗という思惑が外れた上に、岸田首相が「細田派に手を突っ込んだ人事をした」からだという。  この先の岸田政権下でキングメーカーとして権勢を振るおうとした安倍の野望と思惑は見事に外れた。  なるほど。すると岸田は「肉を切らせて骨…
コメント:0

続きを読むread more

東京都がコロナ病床を4000床に大幅縮小の方針!

 東京都は7日、新型コロナのモニタリング会議を開き、医療提供体制に関する4段階の警戒レベルを現在の最高度から1段階引き下げた。  小池百合子は都内で6651床を確保してきたコロナ感染者対応の病床を4千床に縮小する方針を表明。感染拡大に伴って一部を制限してきたコロナ以外の通常医療に再び病床を充てる狙い。 (以上 共同通信)
コメント:0

続きを読むread more

安倍の背後霊にとり付かれたか岸田内閣の支持率不振!

 報道各社の世論調査で、岸田内閣の支持率はいずれも50%前後だった。発足時としては歴代と比べて低水準で「ご祝儀相場」は限定的だ。  与野党には安倍・菅政権からの変化の乏しさや甘利明の「政治とカネ」の問題などが影響したとの見方が出ている。与党内では19日公示の衆院選へ不安の声が漏れる。  各社の内閣支持率は、最低が朝日の45%…
コメント:0

続きを読むread more

常に弱き側に立つ山本太郎に「物語」を生み出す才能!

 れいわ新選組は次期衆院選の滋賀3区に現職の高井崇志を擁立すると発表した。  「失敗は誰にでもある。もう一度再起を」と山本太郎! 詳しくはここをクリック https://kot8asb9070.at.webry.info/202110/article_67.html ******************* ジャーナリス…
コメント:0

続きを読むread more

「失敗は誰にでもある。もう一度再起を」と山本太郎!

 「羹に懲りてなますを吹く」と言う故事がある。必要以上に用心するさまを例えたものだ。  いかに何でも、キャバクラで「除籍処分」は厳し過ぎると思っていた。立憲民主党は、世間の批判を恐れてこんなことをしたが、やり過ぎだ。せいぜい厳重注意か、悪くても3日間の登院停止ぐらいが常識だ。  そこへ行くと、外目ばかり気にしてスカタンな裁定…
コメント:0

続きを読むread more

まんず、おったまげた!床屋、郵便局もある東大病院!

 他の病院のことは知らないが、私のこれまで訪れた中で一番大きな病院である。  いまどき白内障はどこでも治療が可能だが、私のかかりつけの糖尿病専門病院に東大から眼科医が派遣されているため東大でやることになった。  病棟は迷路のように入り組んでおり、各所に案内係がいる。会計をする待合室は空港の控室のように広いが常に患者で…
コメント:0

続きを読むread more

ノーベル受賞者が日本の研究環境「悪化」に強い懸念!

 米プリンストン大の真鍋淑郎博士がノーベル物理学賞を受賞したことに祝意を表しながら読売新聞は次のような警鐘を鳴らした。 *********************  ノーベル物理学賞は従来、宇宙や物質の性質に関する授賞がほとんどで、気候変動の分野に光が当たっていなかった。授賞の背景には、地球温暖化に対する世界的な関心の高まり…
コメント:0

続きを読むread more

「夫は自宅で首を吊った」妻が岸田首相に直筆の手紙!

 「夫は自宅で首を吊り亡くなりました」―。安倍晋三夫婦が深く関わった森友事件で死亡した近畿財務局職員の妻、赤木雅子さんが6日、岸田首相に再調査を求める直筆の手紙を書いた。  安倍政府も菅内閣も事件は解決済みと再調査を拒んだ。  自民党幹事長に就任したばかりの甘利明も再調査をする考えはないと断言した。甘利は安倍の最も親しいオト…
コメント:0

続きを読むread more

自民党広島県連が1億5000万円の再調査を要求!

 TBSによると、おととしの参議院選挙での買収事件をめぐり、自民党から河井案里側に送金した1億5000万円について、広島県連の中本隆志会長代理が岸田総理と面会し、再調査と再発防止を求めました。  「まだ今のやり方では広島県民、また国民の皆さんは納得してませんよということも、お伝えをいたしました」と中本会長代理。  1億50…
コメント:0

続きを読むread more