郵便経費6億円で購入!自民後援会に配るカレンダー!

 全国の郵便局長が2019年と20年、自民党参院議員の後援会の会員らに配布したカレンダーが、日本郵便の経費で購入されていたことが、西日本新聞が入手した内部資料などで分かった。

 参院議員は小規模局の局長でつくる任意団体「全国郵便局長会」(全特)が支援しており、「全特の各地方組織の幹部が支援者への配布を指示した」との複数の証言もある。同社の経費が後援会の政治活動に使われた形で、専門家は政治資金規正法が禁じる「企業献金」に当たる可能性があると指摘している。

 「郵便局長の見つけた日本の風景」という月めくりのA3判壁掛けカレンダー。地域で10局程度を束ねる全国の担当局長が、2年間で計約400万部を買い、総額6億円超の経費が使われたとみられる。

 複数の局長は「局長会から支援者宅を訪問して配布するよう命じられた。参院議員への支援のお礼を伝えて渡して回った」と証言する。カレンダーを後援会活動の「訪問ツール」と位置づけた全特の内部資料もある。

 全特は小規模局の局長約1万9000人で構成。自民党の政権復帰後初となる13年の参院選以降、比例代表に自民党から候補者を擁立。後援会を立ち上げて支援活動を展開。

 現在は「柘植芳文」と「徳茂雅之」が現職。両の事務所は「コメントする立場にない」と回答した。  (以上 西日本新聞)

********************

 こんなバカなことがあっていいのか?

 「日本郵便の経費で購入」と言うことは、郵便を利用する私たちが支払うことになる。

 自民党議員のためになぜ? どうして?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント