軍団の応援なく落選の危機に慌てふためく石原伸晃!

 渡哲也がこの世を去り石原軍団は解散した。人気タレントの応援はない。それと歩調を合わせるかの如く、地元に陰りが生じ始めた。石原は親の七光り、叔父、慎太郎の八光で議員になった世襲議員だ。本人に力など全くない。

*********************
週刊朝日がこう書いた。

 今回の衆院選、自民党“大物”の落選危機で注目されるのが東京8区。自民の石原伸晃元幹事長に、立憲の新人・吉田晴美が挑む。

 第一声から波乱含みだった。石原がマイクを握った途端、通りかかった女性が「何にも役に立ってないじゃないか!」と罵声を浴びせた。

 ヤジをやり過ごした石原は「私は10回、杉並区で選挙をさせていただきましたが、文句をつけられたのは今日が初めて」と語り、こう続けた。

 「これはなぜか。共産党と立民党(立憲民主)が野合して連合している。先ほどの女性のように、自分の主張と相いれない者は排除する、邪魔をする、そういうことが当たり前だと思っている人たちが一緒になって政権だけを取ろうと思ってやってきたわけです」

 いくら何でも“無理筋”な口撃は、焦りの裏返しか。石原陣営からは「非常に厳しい戦い」との言葉が連発された。

 野党候補が乱立した2017年衆院選では、石原が約9万9千票を獲得したのに対し、吉田は約7万6千票。希望の党候補の約4万1千票、共産候補の約2万2千票を足すと、結果は逆転する。石原陣営の選対幹部は危機感を語る。

 「やはり統一候補で、単純合計すれば多いのは事実。それは私たちにどうにかできることではないので、より多い票を目指すことに尽きます」

 一方の吉田は「八百屋の娘」と庶民派をアピールし、こう訴えた。「アベノミクスから8年。株価が倍になり、豊かな人々が潤ったが、私は下からのボトムアップの景気回復を目指したい」

 公示前、野党共闘のために8区からの出馬を撤回した「れいわ新選組」の山本太郎が応援演説に立った。

 吉田の応援に駆けつけた世田谷区長の保坂展人に話を聞いた。保坂は09年衆院選で11万7千票を集めながら、石原に及ばなかった。

 「この10年あまり、石原の得票数が落ちてきています。私が戦った当時は父・慎太郎が都知事で、高円寺の阿波おどりにやってきて『息子をよろしく』とやったものです。今やその石原ブランドもかつての勢いはありません」

 一方の山本太郎は、比例東京ブロックから出馬。「れいわニューディール」と銘打ち、消費税廃止や最低賃金1500円などを訴える。街頭演説では、聴衆に若年層が目立つ。

 「山本太郎をみなさんのミサイルとして国会に撃ち込んで頂きたい」と訴え、好反応を得ていた。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント