朝日新聞の社長だった人物があんなことを言った!

 朝日新聞の社長だった木村伊量がこんなことを言った。

 「いまの時代、新聞社の生きる道は三つではないか。通信社の役割と調査報道、それからシンクタンク機能」

 ネットの普及で新聞もテレビも雑誌も広告はネットに取られた。朝日の1ページ広告は2000万円と言われた時代があったが、今は見る影もない。

 企業の「広告新聞」と言われた日経でさえ、サプリメントなど通販の安物広告だらけだ。

 電子新聞への切り替えも思うように進んでいない。

 権力を監視する機能が日増しにやせ細っていくようだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント