「私は甘利明に現金を渡しました」と建設幹部が証言!

 《金銭授受の現場写真も》「私は甘利明に現金50万円を渡しました」建設会社幹部が告発、“口利き依頼”の決定的証拠

 甘利明が業者から現ナマを受け取った生々しい現場の模様を記事にした週刊文春の転載である。

 自民党の岸田文雄新総裁のもと10月1日、新幹事長に就任した甘利明(72)。

 甘利は2016年、都市再生機構(UR)と補償交渉をしていた建設会社側から、当時の秘書が少なくとも現金500万円、そして自身も100万円、口利きのための現金を受け取っていた疑惑で、経済再生担当相を辞任した。

 10月1日の共同記者会見で関与を否定した甘利だが、いったい、どのような疑惑だったのか。「週刊文春」が、証拠や写真などともに報じた記事を再公開する。
◆◆◆

 衝撃告白をするのは、千葉県白井市にある建設会社『S』の総務担当者、一色武(62)。下の写真で甘利明TPP担当大臣(66)と握手している当人である。

 甘利と言えば、菅義偉官房長官、麻生太郎財務大臣と並び、安倍政権の中枢を担う一人。だがその甘利に、政権を揺るがす重大疑惑が浮上した。

 2014年2月1日午前10時半、神奈川県大和市の地元事務所で甘利と会った際の様子を、一色が振り返る。

「大臣と面会したのは、当社とUR(独立行政法人都市再生機構)の補償交渉をめぐる案件で、口利きをお願いするためです。

 私が資料をお見せしながら案件について説明した後、現金の入った封筒を渡すと、大臣は『ありがとう』と言って、封筒を受け取りました。

 後になって『受け取っていない』と否定されないために、面会する3日前の1月29日、私は横浜銀行東海大学駅前支店で50万円をピン札に両替しています」

 2014年2月1日に甘利に渡した50万円のコピー。ほぼ毎回ピン札に両替するという。

 甘利事務所と一色の金銭授受はこれだけではない。一色はURの案件で複数回にわたり口利きを依頼し、13年以降、大和事務所所長の清島健一(公設第一秘書)や、政策秘書の鈴木陵允にも現金を渡してきたという。

 小誌は今回、現金授受の決定的現場を押さえた。下の写真をご覧いただきたい。大和市内の喫茶店で一色と清島が対面したのは、15年10月19日。

 一色が周囲の目を気にしながら現金20万円を手渡すと、清島はニヤッと笑い、傍らに置いたジャケットの内ポケットに仕舞ったのだった。

 一色はこう続ける。「証拠として残したメモを見ると、昨年だけで2人に210万円は手渡しています。会うたびに、キャバクラやフィリピンパブで接待もしている。これだけ賄賂を渡していれば、甘利大臣が当社のために動いてくれると信じていました」

 政治家や秘書が口利きの見返りに報酬を受け取った場合、あっせん利得処罰法違反にあたる可能性がある。

**************************
《金銭授受の現場写真も》
「私は甘利明氏に現金50万円を渡しました」建設会社幹部が告発、“口利き依頼”の決定的証拠
詳しくはここをクリック
https://bunshun.jp/articles/-/49094

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント