山本太郎の場面で突然、カメラを切り替えたNHK!

 衆院選の公示をあさってに控え17日あさ、放送のNHK「日曜討論」で与野党がそれぞれの政策を説明。

 ところが、「れいわ新選組」の山本太郎がフリップを取り出し説明するとNHKは突然、カメラを切り替え、フリップが映らないように横から撮った。

 不自然なカメラワークにツイッターでは「正面から撮らないって露骨すぎ」という声が上がった。

 やっと順番が回ってきた山本太郎は「こちらをご覧ください」とフリップを手にした瞬間、NHKのカメラは山本太郎を横からの撮影に切り替えた。正面を向けたフリップが映らないような映像となった。

 太郎はそれに気づき、カメラがある右を向き「映しててくださいね、ちゃんと」とフリップをカメラに向けた。その後、山本がフリップを下げるとまた正面からの映像に切り替わった。

 フリップは「使用禁止のルール」と言うが、自民党の要求で、一方的なルールを決めたこと自体がおかしい。

 大事な問題を説明する際、グラフなどのフリップを使って説明したほうが見る側には分かりやすい。市民に分かるように説明されては困ると安倍政権のころ自民党が反対した。

 この点からも安倍晋三は、民主主義の破壊者だ。許してはならない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた 驚いた

この記事へのコメント