若者よ、「あしたは昨日の続き」と考えたら大間違い!

 マイホームを購入した際、頭金の割合を1割以下で住宅ローンを組んだ人が20代と30代では60%以上にのぼったことが、三井住友トラスト研究所の調査で分かった。

 家計の問題に詳しい井戸美枝さんは「住宅ローンは長い間、返済するので税金や教育費が今後どれくらいかかるか、いつまで働くのかを考えたうえで慎重に検討してほしい」と話している。  (以上NHK)

******************

 国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、日本の人口は2055年には1億人を割り込み9744万人、その後もさらに減少を続け2065年には9000万人を切ると推計されている。そしてそのうち3400万人近くが65歳以上の高齢者。

 高齢者人口そのものは団塊の世代との兼ね合わせもあり、2040年過ぎでピークを迎えるものの、それより下の世代、そして総人口も減少をしているため、高齢者比率は増加。2035年にはほぼ3人に1人が高齢者(65歳以上)、そして2065年には約2・6人に1人が高齢者となる。

 ここからも分かるように日本が縮小する中、購入した自宅がこれまでのように上昇する可能性はゼロに等しい。と言うより、空き家だらけで、最悪の場合は値段が付かない。買い手がいないからだ。

 こうした中で、無理をして今、自宅を買う必要があるかどうか再検討したほうがいい?

 将来予測や時代の変化を読み取ることが大事だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント