それは誰か?に「安倍さんであり麻生さん」と古賀誠!

 自民党の重鎮、古賀誠が岸田文雄に「憲法に流れる平和主義、基本的人権、主権在民、これだけは堅持すべきだ」と念押しした。同時に、世話になったからと「言いなりになってはならない」とクギを刺した。御意である。

***********************

 自民党・宏池会(岸田派)の前会長、古賀誠が9日放送のTBS「報道特集」に出演した。

 番組では岸田文雄が、古賀と確執がある麻生太郎の支援を得ようと動き、それを見た古賀は名誉会長の座を退き、岸田とは距離が出来たと説明。

 古賀は、首相の岸田について「保守本流の政治を基本にして考えていただかなければいけない。宏池会はあくまで憲法に流れる平和主義、基本的人権、主権在民、これだけは堅持すべきだ」と主張した。

 その上で、岸田が総裁選で勝利した経緯を踏まえ「いつまでもその人たちの言い分を聞いていかなきゃいけないというのであれば本末転倒」と指摘した。

 キャスターが、それは誰かの問いに「安倍さんであり、麻生さん」と古賀。

 古賀は、マックス・ヴェーバーの「職業としての政治」を引用し「悪魔と握手してそれを達成するというのも責任倫理だと言っているんですね。しかし、その悪魔の言う通りになったら本末転倒で、それは許せません」と強調した。 (以上 デイリースポーツ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント