雪崩打って票が集中し1回目で「河野太郎」で決着か!

 日経は23~25日に世論調査を実施した。事実上の次の首相となる自民党総裁に「ふさわしい人」を聞くと河野太郎氏が46%で首位だった。岸田文雄氏17%、高市早苗氏14%、野田聖子氏5%と続いた。  4氏が立候補した総裁選は29日に投開票を迎える。トップの河野氏は全世代から46~48%の支持を受けた。 (以上) ********…
コメント:0

続きを読むread more

教え子とラブホで性交しながら論文指導の上智大教授!

 まさかまさかの衝撃の真実。 まるでエロ映画だ。  教え子とラブホでセックスをしながら論文指導した上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた。驚きの事実をスクープしたのは日刊ゲンダイ。 *************************  その上智大学の教授林道郎(62)が、大学時代の教え子から性的関係を強い…
コメント:0

続きを読むread more

頂上決戦迎える菅義偉と安倍・麻生の仁義なき戦い!

 「菅義偉総理を突き動かしているのは安倍晋三と麻生太郎の2Aに対する怒りだ。総理の座から引きずり下ろされた仕打ちは絶対許せないと復讐に燃えている」―。「菅首相の逆襲が始まった」週刊ポストが報じた。  「仕打ち」の最初の仕掛けは、二階俊博の「幹事長外し」だった。岸田の出馬表明で劣勢に立たされた菅首相のもとに、複数のルートを通じて、「…
コメント:0

続きを読むread more

司会者に安倍晋三の「毒」が回っていたのではないか?

 自民党総裁選の4候補は24日のオンライン討論会で、首相に就任した場合、安倍晋三を外相や防衛相に起用する考えの有無を問われた。  いずれも直接の言及は避ける一方、首相経験者の立場を生かし、今後も外交分野での活躍を期待する声が相次いだ.(以上時事通信) *********************  今は自民党総裁選挙の真…
コメント:0

続きを読むread more

韓国、期待裏切ったとケニアの帰化選手を激しく非難!

 韓国は、ひと拍子違うと手のひらを返したように相手を非難する。  ケニアの選手は韓国へ帰化などしないほうが良かった。  気の毒に、成果が出なかったと散々叩かれている。 ********************* 東京スポーツが次のように伝えた。  男子マラソンのケニア出身で韓国に帰化した選手が批判にさらされてい…
コメント:0

続きを読むread more

たった今、炊き上がったばかりのホカホカの晩ご飯!

 素直に今日は寒い。9月25日。きのうまでの半そで半ズボンでは寒くて外を歩けない。長袖のスポ-ツシャツにジーンズに着替えた。  急におでんが頭に浮かんだ。人間は面白いもので寒い時にはあったかいものが自然に食べたくなるようだ。そんなわけで今夜はおでん。  おでんには日本酒が相性がいい。冷やでいいから一杯、やりたいところ…
コメント:0

続きを読むread more

サンマの塩焼きに炊き立てのご飯、言うことなし!

 アジやサンマが大好きな私としては、こういうニュースは見過ごせない。ホテル観洋のオカミの電話での話だと三陸は不漁だと聞いていたので、花咲港からの豊漁の知らせは朗報だ。  サンマの塩焼きに大根おろしをチョイと添え炊き立てのご飯ご飯に、赤だしのナメコ汁があれば言うことなし。あー、食べたい。 *******************…
コメント:0

続きを読むread more

もう一人のカナダ人は懲役15年から一転「死刑」に!

 中国の国営新華社通信は25日、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)副会長の孟晩舟が司法取引の成立を受け中国政府のチャーター機でカナダを離れたと報じた。  さっそく、孟晩舟は「強大な祖国がなければ、今日の自由はなかった」と中国をたたえるメッセージをSNS(会員制交流サイト)で表明した。  中国のネット上では「祖国が強大…
コメント:0

続きを読むread more

菅義偉は最後にいい仕事した!「立つ鳥 跡を濁さず」

「立つ鳥 跡を濁さず」と言うが、菅義偉は最後にいい仕事をした。  クワッドでは、覇権主義を強める中国を念頭に「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けて基本的価値を共有する4か国の協力の必要性を強調するなど、言うべきことをハッキリと言った。  そして、「日米豪印の首脳会合」の毎年開催で合意を取り付けるなど、次の政権への道筋も…
コメント:0

続きを読むread more

バイデン大統領が近く退任する菅首相の労ねぎらう!

 訪米中の菅義偉首相は24日(日本時間25日)、ワシントンのホワイトハウスで、バイデン米大統領と会談した。両首脳の対面による会談は3回目。  菅首相は会談後、任期中の外交政策について「外交・安全保障の基軸である日米同盟に力を注いだ。バイデン氏との信頼関係の下、同盟強化に取り組み、絆を一層強めることができた」と記者団に述べた。 …
コメント:0

続きを読むread more

河野太郎への攻撃の手緩めない週刊新潮の裏で蠢く影!

 週刊新潮による河野太郎への攻撃が日増しに強まっている。自民党総裁選にはほかに3人が出馬している。河野太郎に対してなぜ、ここまで集中攻撃をするのか?  背後の安倍晋三の影がちらつく。安倍は7年8カ月の首相在任中、のべつ幕なしに海外に出かけて合計62兆円もの税金をばら撒いた。  当然、海外援助には政治家へのバックペイが付きもの…
コメント:0

続きを読むread more

「日本の首相に礼を尽くしてくれた印豪に深く感謝!

 日本、米国、オーストラリア、インドの4か国による「クアッド」と呼ばれる首脳会合が25日、開催された。 これに先立ち菅義偉首相はインド、オーストラリアの首脳と相次いで個別会談した。  菅首相は数日後に退任する身だ。「クアッド」は米国が呼び掛けた重要な会議だからやむを得ないが、両国はレイムダックと化した菅と貴重な時間を割いて会談して…
コメント:0

続きを読むread more

中国恒大、23日分92億円の利払いは実行困難に!

 「中国恒大、23日分の利払い92億円の実行困難に!米時間で期限迫るも説明なし」とロイターが速報した。  中国の不動産開発大手、恒大集団はこの日、20億ドルに及ぶオフショア社債の利息として8350万ドルを支払うことになっている。また、来週には4750万ドルのドル建て債利払いが控えている。  一部の債券者は23日の利払いが実行…
コメント:0

続きを読むread more

ウミガメ描いた全日空機を本物のカメがお見送り?!

 おはようございます。昨日とは一転して9月25日の土曜日の東京地方は、朝からどんよりと曇っております。  こんな時は愉快な話からスタート。 *********************  24日午前11時半ごろ、成田空港で旅客機の操縦士が滑走路でカメが歩いているのを見つけ、2本ある滑走路のうち1本がおよそ10分間にわたっ…
コメント:0

続きを読むread more

政界一の「寝業師」二階俊博が総裁選で用いる秘策!

 政敵を倒すためには極道を使ってでも思いを遂げる安倍晋三と、時には妥協し、水面下で安倍と暗闘を続けてきた二階俊博。  その二階が自民党総裁選で秘策を使うのではないかと日刊ゲンダイが報じた。  二階は永田町きっての「寝業師」だ。どんな手口か読者はまずは、この記事をご覧願いたい。 *********************…
コメント:0

続きを読むread more