河野太郎の持論まで押し流そうとする自民党の空気!

 河野太郎は8日、原子力発電政策を巡り「安全が確認された原発を再稼働していくのはある程度必要だ」と述べた。

 持論の脱原発に関し「来年にやめろとは言わないが、いずれ原子力はなくなる」とした。皇位継承の在り方について、政府有識者会議の議論を尊重する考えを示した。自身が唱える女系天皇容認論については、明言を避けた。

 内閣府で記者団の取材に答えた。エネルギー政策に関し、再生可能エネルギーの導入を最優先に進めると強調した。

 河野は自民党総裁選への出馬の意向を示している。党内の一部議員から、脱原発や女系天皇容認など河野の主張を警戒する声が上がっており、沈静化させる狙いがあるとみられる。  (以上共同通信)

***********************

 安倍晋三になってから、自民党が嫌な政党になった。自由闊達にものが言えなくなった。時の権力者に迎合して「目立たせようとして」率先して権力者の旗振り役を果たすものが後を絶たない。その結果、党内が特定の方向へ走り出すようになった。

 これも、安倍晋三のような無能者が長く政権の座に居座るきっかけとなった「小選挙区制」のせいである。諸悪の根源が「小選挙区制」 河野太郎は8日、原子力発電政策を巡り「安全が確認された原発を再稼働していくのはある程度必要だ」と述べた。

 持論の脱原発に関し「来年にやめろとは言わないが、いずれ原子力はなくなる」とした。皇位継承の在り方について、政府有識者会議の議論を尊重する考えを示した。自身が唱える女系天皇容認論については、明言を避けた。

 内閣府で記者団の取材に答えた。エネルギー政策に関し、再生可能エネルギーの導入を最優先に進めると強調した。

 河野は自民党総裁選への出馬の意向を示している。党内の一部議員から、脱原発や女系天皇容認など河野の主張を警戒する声が上がっており、沈静化させる狙いがあるとみられる。  (以上共同通信)

***********************

 安倍晋三になってから、自民党が嫌な政党になった。自由闊達にものが言えなくなった。時の権力者に迎合して「目立たせようとして」率先して権力者の旗振り役を果たすものが後を絶たない。その結果、党内が特定の方向へ走り出すようになった。

 これも、安倍晋三のような無能者が長く政権の座に居座るきっかけとなった「小選挙区制」のせいである。諸悪の根源が「小選挙区制である。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント