岸田文雄が総裁選で「強烈な印象」を与えたひと言!

 岸田文雄が発表したこの岸田ドクトリンを100%支持する。

 岸田文雄は変わった。

 昨年9月の自民党総裁選で、大派閥がこぞって後押しした菅義偉陣営に「数の圧力」で負けた。この1年、ずっと冷や飯を食わされたことで、岸田は冷静に自分を見つめ直した。

 「無理して自分を押し殺すことはない。自分はあくまで自分だ。これからは、これを貫きたい」彼はきっと、こう考えたに違いない。

 岸田は確実に変わった。私はそう信じている。言っていることがまともなので私の胸にスンナリと入って来る。

 小泉純一郎以来、自民党総裁選に出馬した候補で、「民主主義」を口にした者は岸田文雄を置いて他にない。私にとって強烈な印象を与えたひと言である。

 日本の首相はタレントではない! 人気投票で選ぶようなことがあっては断じてならない。欠かせないのは、人柄と資質・能力そして政策の実行だ。

 自民党総裁選に関する重要ニュース。

 東京新聞の記事が朝日や読売など他社よりも簡潔に要領よく要点を絞ってまとめてあったので、ここに転載する。

*******************
東京新聞が報じた。

 岸田文雄は8日の記者会見で、総裁選で訴える経済政策を発表し、「小泉改革以降の新自由主義的な政策を転換する」と述べた。

 岸田は「小泉改革以降の規制緩和、構造改革の新自由主義的政策はわが国経済の体質強化、成長をもたらした。

 他方で富める者と富まざる者の格差と分断を生んできた。コロナ禍で国民の格差がさらに広がった」と強調。

 「今までと同じことをやっていたら格差はますます広がる。成長を適切に分配しないと格差の拡大は抑えることができない」として、新たな日本型の資本主義の構築すると訴えた。

  岸田は「新しい日本型資本主義構想会議」を設置し、ポストコロナ時代のビジョンを作成すると説明。

日本経済再起動のための成長戦略の4本柱の1本目に、「日本の科学技術の力は陰りを見せ、新型コロナのワクチンも日本独自の開発ができていない」として、「科学技術立国」を掲げた。

 「科学技術とイノベーションへの投資を抜本的に拡大する。世界トップクラスの研究大学建設のため10兆円規模の大学ファンドを年度内に設置する」とし、民間企業が行う研究開発への税制支援などを行うとした。

◆格差の問題しっかりと目を向ける
 このほか、技術流出の防止に向けた国家戦略を策定し「経済安全保障推進法」を制定するほか、デジタル分野のインフラ整備を進めて都市部と地方の距離を縮め、東京一極集中を是正するとした。

 また人生100年時代の不安解消のため、働く人すべてに社会保険を適用していくとした。

 「令和版所得倍増のための分配政策」の4本柱として、

▽下請けいじめゼロ

▽子育て世代の住居費、教育費の支援

▽医療、介護、保育などの現場で働く人の所得を増やすための「公定価格」の抜本的見直し

▽財政単年度主義の弊害是正ーを掲げた。

 岸田は「目指す社会はあらゆる人たちの所得を引き上げることによって一体感を取り戻し、国の一体感、社会の安定を目指していく。

 米国ですら社会が分断されると民主主義の総本山である議会に暴徒が乱入して破壊行為が行われる。

 民主主義を守るために格差の問題にしっかりと目を向けなければならない」と主張した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント