自宅療養者がまた死んだ! 東京・荒川の50代男性!

 東京・荒川区で先月3日、コロナに感染し自宅で療養していた公務員の田尻敏仁さん(53)が亡くなっているのが見つかった。

 糖尿病で重症化のリスクがあったにもかかわらず、保健所が健康状態を把握できていなかった。

 田尻さんは1人暮らしで、その10日前の7月24日に検査で感染が確認されたあと、自宅で保健所からの連絡を待つことになった。

 職場では健康状態を毎日電話で報告してもらうようにしていた。

 電話のやり取りの中で「食べる物がなくなってきた」などと話したため、7月31日に同僚が自宅に食料品を届けた。

 その時「熱がなかなか下がらない。保健所からまだ連絡がない」と話していた。

 8月2日になって電話をかけても応答がないため、保健所に連絡して翌日の8月3日に上司や同僚が自宅を訪れたところ、1階の部屋で亡くなっていた。  (以上NHK)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント