「国外に逃れるすべがなくなった」と日本の協力者!

 米軍のアフガニスタン撤退に伴い、現地派遣の自衛隊機も撤収した。そうした中、日本の支援事業に携わり退避を希望していたアフガニスタンの男性は「国外に逃れるすべがなくなった」と、失望をあらわにした。

 NHKによると、首都カブールで暮らす30代の男性は、2013年から去年7月まで日本政府のODA(政府開発援助)を受けて、女性の社会進出の支援などを行う現地のNGOのスタッフとして働いていた。

 タリバンがカブールを制圧したあと、男性は日本のNGOを通じて外務省に退避の希望を申請したが、退避の対象にはならないと伝えられた。

 男性は「日本が支援する事業に7年間携わり、日本政府による退避に大きな望みを抱いていた。退避の対象になると思っていたが、それがかなわず、悲劇です。国外に逃れるすべがなくなってしまった」と話した。

 男性は「タリバンはNGOや外国と仕事をしていた人を探し始めた。身の危険を感じます」と不安を訴えた。 (以上)

**********************

 日本は、こうした協力者を見捨てるようなことをしてはならない。

 米国の12万7000人をはじめ、各国は自国への協力者を家族ごと国外脱出させた。それが国家の基本である。

 利用するだけ利用して、使い捨ては「非人の仕業」である。

 日本の信頼を守るためにも、全力で救出すべきだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント