麻生太郎を「党副総裁」に押し込めたい岸田の思惑!

 自民党の岸田文雄総裁は30日、麻生太郎副総理兼財務相(81)を党副総裁に起用する方針を固めた。

 副総裁と言えば一種の名誉職。わかりやすく言うと「1丁上り」を意味する閑職。同じ「副」でも副総理は内閣の立派な閣僚だ。

 岸田文雄としては今回の総裁選で世話になった麻生派に対しては甘利明を幹事長に起用したことで借りは返した。麻生には散々、苦労させられて来ただけに81歳のご老体には、そろそろ、「ここらでお引き取り願いたい」と思ったのではないか。

 二階俊博は「役員任期1期3年まで」の一撃で沈没した。残るは安倍晋三だ。このように、岸田が本気で「自民党のがん撲滅」を考えているなら期待したいが・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント