幹事長と神奈川のドンを手に笑いが止まらない甘利明!

 丁半バクチの自民党総裁選で天敵の河野太郎が大敗し、勝ち組となった甘利明。

 政権与党を仕切る「幹事長」と、「神奈川のドン」の地位を手に入れ、笑いが止まらない甘利明について神奈川新聞が次のように報じた。

************************

 岸田文雄を新総裁に導いた最大の功労者と言われているのが甘利明である。河野太郎が所属する麻生派でありながら岸田陣営の選対顧問を務め、麻生派から河野票を引きはがすことに成功。その結果、幹事長ポストを手に入れた。

 もう一つ、甘利にとって大きな利を得ることになるのは自民党神奈川県連での立場だ。県連はこれまで菅義偉をトップとして、河野太郎、小泉進次郎が強い影響力を築いてきた。

 今回、その主流派が軒並み河野支持でまとまった結果、一敗地にまみれたことにより、県連では傍流だった甘利が、一気に覇権を握る可能性が出てきた。県連関係者は言う。

 「県連では、横浜の菅、平塚の河野、横須賀の進次郎と、海沿いエリア選出の議員が力を持ってきたのに対して、内陸である厚木選出の甘利は力が弱かった。

 盟友だったはずの菅に弓を引き、岸田を支援するという行動に出た背景には、県連内でのパワーバランスを変えたいという気持ちもあったはず。

 今回も神奈川の党員票では河野が圧倒しましたが、敗れてしまったことで県連では失望感が広がっている。

 菅は首相を退いた上、盟友だった小此木八郎は横浜市長選に敗北、次期総裁に推した河野も敗れたとなれば求心力が失われるのは必然。甘利が菅に代わって“神奈川のドン”として君臨することになるかも」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント