何十兆円という莫大なコストがかかると河野太郎!

 時事通信によると、自民党総裁選の4候補は26日朝、フジテレビの「日曜報道 THE PRIME」に出演し、原発政策の柱の1つ、核燃料サイクル計画などをめぐり議論した。

 河野太郎は、「国内で取り出されたプルトニウムは、MOX燃料に当分なりませんから、プルトニウムがどんどん溜まっていくだけ。そのために何十兆円という莫大なコストがかかる。とても合理的な政策とはいえない」

 岸田文雄は、「再稼働しながら核燃サイクルを止めるということは、原発を動かすことは難しくなってしまう。2030年、CO2マイナス46%という目標は難しくなるし、電力コスト自体もはね上がる」

 高市早苗は、「続けなければ、ただのゴミになってしまう。これは安定的なエネルギー供給体制からも逸脱していく。しっかりと、これは核燃料サイクルを進めるべきだと」
 
 野田聖子は、「絶対安定供給というのが電力の使命。それを達成するためには、再生エネルギーという太陽や水や不安定なところによって立つことはできない。ということで、わたしは核燃料サイクルを止めません」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント