教え子とラブホで性交しながら論文指導の上智大教授!

 まさかまさかの衝撃の真実。 まるでエロ映画だ。

 教え子とラブホでセックスをしながら論文指導した上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた。驚きの事実をスクープしたのは日刊ゲンダイ。

*************************

 その上智大学の教授林道郎(62)が、大学時代の教え子から性的関係を強いられたとして損害賠償請求訴訟を起こされていることがわかった。

 林を訴えたのは、上智大学と大学院で林に指導を受けていたSさん。Sさんは帰国子女。2006年2月、Sさんが大学3年生のときのこと。林の講義を受講していたところ、林から研究室の引っ越しを頼みたいと声をかけられた。

 これを機に林は授業で使うパワーポイントなどの資料作成などの手伝いを日常的に頼むようになった。07年10月、大学を卒業したSさんは林が指導教員となる美術史を大学院で専攻することになった。

 かつて大学院は大学とは違い、指導教官(教授)が気に入った学生を自身の研究室に入学させて数年間指導することもあった。

 大学院生の研究者人生は、指導教員によって左右される。同月、林の京都出張に同行することなり両者は初めて性の肉体関係を持った。林は当時も今も妻帯者。

 以後、肉体関係は新宿歌舞伎町のラブホテル(ラブホ)などでたびたび生じ、Sさんは修士論文についてもラブホテルで林から指導を受けた。

 これについて林側は「たまたまそのような場所でも指導をしたことがあるというに過ぎません」と、Sさん側の弁護士(本件訴訟とは別の代理人)に回答している。

 大学院修了後も続いた2人の関係は、2018年に終わる。その後、事情を知った林の妻からSさんは「不貞行為」で損害賠償請求裁判を起こされて敗訴。2021年4月にはSさんが林に対し、約2200万円の損害賠償請求を求めて現在に至っている。

 以上の事実について、両者の争いはない。裁判は2人の関係が「上下関係を利用した性的な隷属関係」(Sさんの主張)か「対等な自由恋愛」(林の主張)だったかで両者は真っ向から対立しており、10月初旬には4回目の期日が開かれる。

 会社の社長がラブホで若い女性社員と肉体関係をもって仕事をしていたことが、バレれば一般的にはクビになるのではないか。

 教授の林は自身のツイッターやフェイスブックのアカウントを突然、閉鎖した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント