政界一の「寝業師」二階俊博が総裁選で用いる秘策!

 政敵を倒すためには極道を使ってでも思いを遂げる安倍晋三と、時には妥協し、水面下で安倍と暗闘を続けてきた二階俊博。

 その二階が自民党総裁選で秘策を使うのではないかと日刊ゲンダイが報じた。

 二階は永田町きっての「寝業師」だ。どんな手口か読者はまずは、この記事をご覧願いたい。

**********************
日刊ゲンダイの情報だ。

 岸田だけは許さないということか――。候補者3人に推薦人を出しながら岸田にだけは出さなかった二階派が、岸田勝利を阻止しようと、あっと驚くウルトラCを“画策”しているという話が広がっている。

 総裁選は今回、決選投票にもつれる可能性が高い。1回目の投票は1位河野、2位岸田、3位高市との見方が大勢だ。決選投票になった場合は2位・3位連合で岸田が逆転勝利すると予測されている。

 しかし、岸田を敵視している二階派は、この構図をひっくり返すつもりだという。「役員任期は1期1年、連続3期まで」とブチ上げ、露骨な二階幹事長“外し”に動いた岸田に対し、二階派はいまでも「岸田だけは絶対、許さない」とカンカンだ。

 「今、二階派による高市全面支持がささやかれている。イザとなったら高市に票を集め、岸田を3位に沈めるつもりなのではないか。二階派は47人なので、全員が高市に流れたら、岸田との逆転があり得る。

 岸田は決選投票に進出できない。河野と高市の決選投票になったら、二階派は結束して河野を支持する。河野を総理に担ぎ、最終的にキングメーカーとして影響力を残すシナリオを描いている」(自民党関係者)

 要するに、二階派は安倍前首相が支持する高市を支援することで、岸田を潰す“高等テクニック”に打って出ようというのだ。

「岸田以外の各陣営に推薦人を出して恩を売り、最後には笑う。岸田を蹴落とし、安倍・麻生の影響力を完全に排除しようとする二階の面目躍如だなんて声もあがっている」(永田町関係者)

 その答えはもうすぐ出る。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント