「反河野」を背後で操る総裁選の必殺仕掛人は誰だ?

 自民党総裁選は原発をめぐって暗闘が続いている。河野太郎は『核燃料サイクル、即廃止』が長年の持論。『今は脱原発を封印している』などと報じられているが、本音は変わっていない。

 すでに技術的にも資金的にも行き詰まっている核燃料サイクルを止めてしまえば、使用済み燃料の行き場がなくなり、おのずと原発は運転できなくなる。言わば迂回路で攻めれば原発は立ち枯れするという考えだ。

 そこで危機感を強めるのが安倍晋三と細田博之が顧問となって立ち上げた「原子力リプレース推進議員連盟」。再稼働はもちろんのこと、老朽化したものも単に廃炉にするのでなく最新型のものに建て替えるというゴリゴリの原発増強派の集まりだ。

 これを裏で操るのが安倍の首相補佐官から今は原発メーカーの一つである三菱重工業の顧問になっている今井尚哉。

 経産省の原子力マフィア出身の今井が政策アドバイザーとして岸田陣営に潜り込み、「河野は危険だ。ヤツを勝たせたら日本の原子力産業は潰れる」と巻き返しに出ている。

 こういう見えない闇の力も働くから、まだまだ総裁選の行方は分からない。日刊ゲンダイがこう警告した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント