自民党総裁選は「安倍・麻生のガン」を取り除く闘い!

 石破茂が18日、鳥取市で記者会見し、自民党総裁選で河野太郎を支持する理由について「改革を志向する勢力が一本になって、国民に説明責任を果たす国民のための自民党にしていかねばならない、という思いからだ」と説明した。

 石破は河野について「自分と異なる意見について聞く耳がある。世間で言われるようなイメージとは全く違っている」と述べた。

 これまでの総裁選での自身の敗北を「批判すべきことを批判して敬遠され、議員の支持が少なかったことが大きい」と説明した。

 このように安倍一強時代には正論が通じなかった。だが、今回、岸田文雄が「自民党役員任期は1期3年まで」とぶち上げ、自民党幹事長の二階俊博を辞任に追い込んだ結果、事態が急変。

 再選を目論んでいた菅義偉が白旗を上げ、降参した。石破が出馬を辞退し、河野で1本化を図ったのは改革派が「勝ちを確実に」するためだ。

 石破や河野、小泉の3人の真の狙いは、派閥の数にモノを言わせた「安倍・麻生政治」からの脱却だ。政治に活力を取り戻すためには「安倍・麻生のガン」を取り除くほかない。

 今度の選挙での勝利を、そのきっかけにする覚悟だ。

 ブログ「半歩前へ」の読者の皆さんは、こうした彼らの夢を実現するために応援していただきたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント