「ボクはやってない」と小山田圭吾、反省の色なし!

 小山田圭吾、今も反省の色なし。「ボクはやってない」とトンデモ釈明で小山田圭吾再炎上!

 小山田圭吾が16日発売の「週刊文春」で、障がい者への苛烈な虐待を自分は言っていないと主張。だが、これほど重大な虚偽記事を20年以上も放置したのはどうしてか?関係者から批判の声が噴出している。
 
  小山田がいじめ自慢した雑誌は1994年1月号の「ロッキング・オン・ジャパン」と、95年8月号の「クイック・ジャパン」だ。

 そこでは目を覆いたくなるような虐待の数々が悪びれもせずに語っている。特に強烈なのが、障がいを持つ同級生に対して「全裸にしてグルグルに紐を巻いてオナニーさしてさ。ウンコを喰わしたりさ。ウンコ喰わした上にバックドロップしたりさ」の部分だ。

 いじめどころか暴行であり虐待。五輪の開会式の楽曲に携わる小山田圭吾に批判が殺到。小山田はツイッターで弁解しながら、辞任に追い込まれた。

 今回の文春で小山田は、同級生を裸にして自慰行為を強要したのは上級生であり、自身は傍観者だったと言い張った。

 「ウンコを喰わせた」という部分も、何でも落ちているものを口にしてしまう同級生が道に落ちていた犬のウンコを食べてぺっと吐き出して、それをみんなで笑っていた話だと言う始末。

  芸能界では週刊文春を読んだ人の多くがしらけ切っている。 (以上東京スポーツ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント