自民党総裁選の会見で鮮烈な一手を放った野田聖子!

 土壇場で総裁選に滑り込んだ野田聖子は17日、自民党本部で開催の共同記者会見で存在感を示した。

 森友事件を巡る公文書改ざんについて「反省をし、2度と起きないようにする。調査をする必要がある」と、再調査を求めることを強調した。

 森友事件に関しては岸田、河野、高市は、いずれも再調査に否定的な姿勢だ。安倍晋三の支持を受ける高市は「現在、ご遺族が国など相手取って、提訴していらっしゃる状況。コメントはできない。コメントするべきではない」とした。

 だが野田は「公文書の隠ぺい、偽造、改ざん、廃棄は絶対あってはならないこと。それが起きてしまった。それに関わった方が命を落とされたのは事実」とした。その上で「これについて多くの国民が納得していない」などと訴えた。

 自民党総裁選で、出遅れている野田が、初の共同会見で巻き返しへ鮮烈な一手を放った。 〈以上 日刊スポーツ〉

********************

 野田が存在感を増せば増すだけ、河野太郎の地方票が減る。これによって俄然、有利になるのが岸田文雄である。

 誰がこの青写真を描いたのか?

 河野太郎だけは自民党総裁(首相)にしたくない勢力は誰か? 

 ブログ「半歩前へ」を継続して読んでいるアナタは答えを知っているはずだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント