台風14号が四国に再上陸 、近畿で非常に激しい雨!

 NHKによると、台風14号は18日午前0時すぎに松山市付近に再上陸し、四国や近畿を横断しながら東日本へ進む見通しです。

 前線の影響で台風本体から離れた近畿や東海でも激しい雨が降っています。土砂災害に厳重に警戒するとともに低い土地の浸水、川の増水にも警戒してください。

 気象庁によりますと台風14号は、17日夜に福岡県に上陸したあと、午前0時すぎに松山市付近に再上陸しました。

 午前3時には、徳島県三好市の南東30キロを1時間に35キロの速さで東へ進んでいるとみられます。

 中心の気圧は994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートルで、半径330キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

 台風の東側には前線があり、四国をはじめ、台風本体から離れた近畿や東海、それに関東の沿岸部にも発達した雨雲が流れ込んでいます。

午前2時までの1時間には
▽国土交通省が奈良県上北山村に設置した雨量計で67ミリの非常に激しい雨を観測したほか、
▽三重県大台町で43.5ミリ、
▽大阪府の関西空港で38.5ミリのそれぞれ激しい雨が降りました。

 徳島県では土砂災害の危険度が高まり、「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント