「安倍を倒せ」と山本太郎が対抗出馬!?壮絶決戦!

 自民党総裁選が告示された17日、野党からは新型コロナウイルス対策などを審議する臨時国会を開かずに総裁選を実施する自民党に対し、「職場放棄だ」など批判が相次いだ。

 「国会議員の仕事は国会にある。午前9時から午後5時までは本来の仕事をして、(総裁選は)午後5時以降にやってもらいたい」。立憲民主党の枝野幸男代表は17日、記者団に語った。枝野氏はこれまで、立憲の代表選と自民の総裁選を「準決勝」、衆院選を「決勝」と表現。この日も「決勝戦に向けてしっかりと準備を進める」と強調した。  (以上毎日新聞)

*********************

 これでは、自民党は振り返らない。「またいつものことを繰り返し喋っている」と気にかけない。

 新鮮味がない話には、マスコミの扱いも自然に小さくなる。雑報扱いだ。

 何度もブログ「半歩前へ」で主張してきたが、マスコミは連日、自民党総裁選の報道で紙面を埋め尽くしている。

 これを覆すには、アッと驚く情報をぶち上げるほなない。「野党よ知恵を出せ」と訴え続けたがいまだに、お馴染み身の「古新聞の回収」手法を繰り返す。

 野党に全く存在感がない。これではとても総選挙に勝てない。また惨敗だ。 野党のスター、山本太郎をもっと前に出せ!

 山本太郎が負け犬、菅義偉の選挙区で勝負するのを嫌がるなら、安倍晋三か麻生太郎の地元から出馬する手がある。

 「山本太郎が安倍を落とすと山口から出馬! 立憲、共産、社民各党の野党共闘候補として全面支援!」 こんな見出しが各紙一斉に登場したら、どうだ?

 いやが上にもマスコミが野党の取材に力を入れざるを得ない。結果、野党関連のニュースが増える。

 立憲民主党の枝野幸男はなぜ、それを考えないのか?


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント