台湾が日本に酸素濃度測定器など1万台を緊急支援!

 台湾外交部(外務省)は16日、血液中の酸素濃度を測る「パルスオキシメーター」1万台など医療器材を日本に寄贈すると発表した。

 16日午後、衆院議員会館で目録の贈呈式が行われ、超党派の議員連盟「日華議員懇談会」の古屋圭司会長が目録を受け取った。

 台湾の駐日大使に当たる謝長廷・台北駐日経済文化代表処代表から酸素濃縮器1008台と、血中酸素濃度を測るパルスオキシメーター1万台の贈呈目録を受けた。

 謝氏は議連幹部との面会で「台湾の感染状況が厳しくなった際、日本政府がいち早くワクチンを提供してくれたことは『恵みの雨』だった」と謝意を述べた。

 菅義偉首相は台湾の皆さまへと題したツイッターで、「心から御礼申し上げます。台湾から頂く機材は、これらを必要とする現場で大切に使わせていただきます。謝謝台湾!」と発信した。

 議連は今後、国内の医療機関に分配する。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント