17日火ぶた切って落とされる自民党の仁義なき戦い!

 17日告示の自民党総裁選に野田聖子がギリギリの16日、出馬を表明した。

 これで岸田文雄、河野太郎、高市早苗に野田を加えの4人で争うことになった。

 党内7派閥のうち岸田派を除く、6派閥が自主投票となり選挙選は選必至。だが、最後は岸田と河野の一騎打ちとなろう。

 河野が勝つためには、地方票総なめの可能性が高い1回目の選挙で圧勝する必要がある。決選投票となると国会議員の数がものを言うので岸田文雄が有利となる。

 岸田は1回目に河野の後塵を拝しても2回目に2、3位連合で巻き返すことが可能だ。大派閥の安倍晋三や麻生太郎は、派閥ごと岸田支援に回る公算が大きい。

 自民党の仁義なき戦いは17日、火ぶたが切って落とされる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント