医療従事者がコロナから自分を守るために4回接種!

 奈良県斑鳩町は14日、町内在住の医療従事者の50代男性がコロナのワクチンを4回も接種していたと発表した。

 この男は、医療従事者の優先枠で2回接種した後、さらに町の集団接種会場でも「初回の接種だ」とウソをついて2回接種した。

「変異株の流行から自分の身を守るために接種した」と自供している。

 4回とも米ファイザー製ワクチンだった。

 なぜ、町は「50代の医療従事者」の氏名を公表しないのか? 

 もし、この男が医者だったら、自分可愛さのあまり、患者よりオノレを優先するような医療従事者の風上にも置けない人間を放置していいのか? 私は医師失格だと思う。

 仮に開業医で名前を公表すると、医院の「営業」に支障をきたすとソンタクしての非公開なら看過できない。こんな場でのソンタクなど必要ない。

 こうした憶測を呼ばないためにも「非道徳な事犯」は、事実を公表すべきだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント