今回発射した北朝鮮ミサイル実験は「日本」が標的!

 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は13日、新たに開発した長距離巡航ミサイルの発射実験に成功し、「1500キロ先の目標に命中した」と発表した。

 今回の発射は飛距離からして、米国を標的にしたものではない。近隣の中国でも、韓国でもない。日本だ。

 米国のインド太平洋軍は「北朝鮮が引き続き軍事的な計画を進めることに注力し、近隣諸国や国際社会への脅威であることを示している」とする声明を出した。

 こう言う敵国が現実に、近くに存在する以上、日本は対抗策を考えるべきだ。日本を守るのは最後は日本人しかいない。このことをシッカリ頭に入れておくことが大切だ。

 「自分のことは自分で」解決するほかない。

 私は日米同盟など信用していない。米国はかつての米国ではない。今度のアフガニスタン撤退を見れば明らかだ。

 米国政府ではなく、米国人そのものが、外国のことまで手を出すなと、内向きになっている。「米国が世界の警察官」だったのは、遠い昔の話となった。昔噺。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント