「衆院選挙は新総裁の下で戦うべき」と中谷元が正論!

 中谷元・元防衛相は1日、自民党総裁選は規定通り9月17日告示、29日投開票で実施し、「新総裁の下で衆院選挙を戦うべきだ」と強調した。谷垣グループ(有隣会)の会合で発言した。

 実は昨夜(31日)遅くに、こんな情報が一斉に流れた。

 「菅義偉首相は自民党役員人事と内閣改造を来週行い、9月中旬に衆院解散に踏み切る意向だ。自民党総裁選(9月17日告示、29日投開票)は衆院選後に先送りする。首相は衆院選の日程を10月5日公示、17日投開票とする案を検討している」

 中谷は、これに反論したもので、「新しい総裁のもとで、しっかりとした政治基盤のもとに政策を実行していく、そのような総裁選を実施すべき」と力説した。

 菅が総裁選前に党役員人事と内閣改造を行う意向を示していることには、「人事で釣る方法もあるが、党員や国民がどう見るか、おそらく辟易するんじゃないか」と鋭く批判。

 さらに中谷は「国会で答えも出ないまま衆院解散・総選挙に突入しても、国民の理解が本当に得られるのか?」と疑問を呈し、衆院選前に臨時国会を開いて新型コロナ対応の予算審議などを行うよう求めた。

 中谷が言うことが真っ当、正論である。

 コロナ感染者が加速度的に増え続け、首都圏では医療崩壊が起きている。

 そんな中で菅の個人的な「思惑」や党利党略で国会を開かないというのは民主主義への妨害である。国民無視も甚だしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント