ズサンさ目に余る組織委、未使用医療具を大量廃棄!

 東京五輪組織委のズサンさが目に余る。新型コロナ対策で用意した未使用の医療用ガウンやマスクを大会終了後に、使われないまま大量廃棄していた。500万円分。TBSが報じて明らかになった。

 いうに事欠いて、「保管場所を用意していなかったので」と大会組織委は平然と応えた。税金の無駄遣いも甚だしい。

 大会組織委は先には、無観客でボランティアの数が激減したにもかかわらず、もとのままの発注で13万人分の弁当を廃棄していた。

 注文の数を減らせばいいだけだ。食べられるものを捨てるのはガマンならない。

 日本の7人に1人の子どもが1日3食満足に食べることが出来ない貧困に陥っている。学校給食がそれら子供たちの唯一の栄養補給源だというのに、である。

 大会組織委をこのままにしておいていいのか? 私は納得出来ない。

*******************
TBSの報道。

 大会組織委員会は、選手村や各競技会場の医務室などに医療用のガウンやマスクなどを配備していました。

しかし、無観客などに伴って医療資機材が余り、これまでに

▼50枚入りのマスク660箱

▼ガウン3420枚

▼消毒液380本

が使われないまま廃棄されていたことがわかりました。

 廃棄されたのは、調達した分の10%前後で、あわせて500万円にのぼるということで、「保管場所を用意していなかった。見通しが甘く大変申し訳ない」と大会組織委員会。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント