若者のワクチン接種の足を引っ張る朝日新聞の記事!

 朝日新聞はいつも、わざと、こう言う記事の書き方をする。

 物事を正面から見ないで、斜に構えて、斜め方向からものを見る。これで「性格は報道」と言えるだろうか? 

 読売も朝日と似た手口を使う。他よりも自社の記事を目立たそうとして不快な技を使うのだ。とても正当と私は思えない。

*******************
BuzzFeed Japanが指摘した。

ワクチン、若者の6割「接種したい」 なのに、なぜネガティブな声だけ強調?専門家は「逆効果」と批判。

『ワクチン、若年層の2割弱「接種しない」 都が調査結果』と朝日新聞が8月26日に報じたこのニュースに対し、一部で批判の声が上がっている。

大阪大学特任教授で新型コロナ対策の政府分科会メンバーでもある大竹文雄さんはTwittterで、「この見出しのつけ方が、若者のワクチン接種率に大きな影響を与える可能性について報道機関は真剣に考えるべきだと思います」と指摘した。

問題の朝日の報道は、8月26日に東京都のモニタリング会議で発表された都民へのアンケート結果を伝えたものだ。アンケート調査は、都内在住の20~70代の男女1000人を対象に行われた。

《若年層では2割弱が「接種しない」と回答した。「おそらく接種しない」と「絶対に接種しない」を合わせた割合は、20代男女でそれぞれ19・0%、18・8%。30代男女は16・7%と19・1%。50代男性(12・1%)や40代女性(10・5%)など、40代以上の年代と比べてワクチンに否定的な傾向が見られた。

接種しない理由としては、20代男性の「感染しても重症化しないと思うから」や、30代女性の「副反応が心配」などが多かった。ほかに「感染しないと思う」「効果に疑問がある」「ワクチンは有害」といった回答もあった》

記事ではアンケート結果にこのように言及し、「接種しない」という意向を示す若者に焦点を当てている。

批判の声が上がっているのは、こうした報じ方についてだ。

アンケート結果を見てみると…

「あなたは、新型コロナワクチンの接種を受けようと思いますか。あてはまるものをひとつ選んでください」の質問にどう回答したか。

20代男性の60・8%、20代女性の66・4%、30代男性の73・4%、30代女性の64%が「接種した」「必ず接種する」「おそらく接種する」と回答した。

一方、20代男性の19%、20代女性の18.8%、30代男性の16.7%、30代女性の19.1%が「おそらく接種しない」「絶対に接種しない」とした。

このように結果を精査すると、浮かび上がるのは多数派は接種済み、もしくは接種を希望しているという現実だ。

若者の接種率を上げるためには『接種しない』という人の比率を強調することは逆効果となる。

朝日の記事は、態度を決めかねている人々の意思決定に「大きな影響」を与えかねない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント