接種3カ月後に抗体量4分の1に減少!ファイザー社製!

 テレビ朝日系のANNによると、新型コロナのワクチンの接種から3カ月後に、抗体の量が4分の1に減少したとの調査結果を藤田医科大学が発表した。

 愛知県豊明市にある藤田医大は、ファイザー社製のワクチンを接種した大学の教職員209人を対象に、血液中のウイルスに対する抗体の量を調査。

 1回目の接種から3カ月後の抗体の量は、2回目の接種から14日後と比べ、約4分の1にまで減少した。

 「接種後3カ月ぐらいの時点で割と急激な減衰がみられて、その後少しずつ下がっていく」(土井洋平対策本部長)

 また年代別や男女別で抗体の量の平均値を比較したところ、年代・性別を問わず、同様の減少がみられた。

 「ワクチンの効果が時間とともに低下している可能性を示している」と同大学。

 一方で、抗体の量の減少がどの程度ワクチンの効果に影響しているかは、今後も研究が必要だとしている。

 土井本部長は「海外の研究では接種から6カ月後でも発症や重症化を予防する効果が示されている」と話した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント