「自宅放置者」増え続け、全国で11万8000人超!

 厚労省は27日、コロナ感染による全国の自宅療養者が、25日午前0時時点で11万8035人となったと発表した。10万人超えは初めてだ。

 集計ミスで精査中の埼玉県は含まれておらず、実際はさらに増える見通し。自宅療養中に死亡するケースが相次いでおり、臨時の医療施設整備や健康観察機能の強化が急務となっている。

 新型コロナ患者向け病床の使用率は、東京や沖縄など32都府県が、政府の対策分科会が示すステージ4(爆発的感染拡大)の目安となる使用率50%以上だった。

 最も多かったのは東京で2万5045人。神奈川1万5203人、大阪1万4732人と続いた。  (以上共同通信)

********************

 厚労省はいつまで「傍観者」を決め込んでいるのか?

 これほど自宅療養者と称する「自宅放置者」が家庭にこもり、医者にも診てもらえず、不安な日々を送っている。

 気が付けば家族全員が感染者。感染爆発に歯止めがかからない。

 厚労省が今、緊急に取り組むべきは公園や野球場などの広場に「臨時病院」を設置することだ。

 限られた医療資源を生かすには医療従事者を集中して、多数の感染者の対応に当たることである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント