コロナ失敗の元凶、安倍は隠れていないで謝罪すべき!

大野章さんがフェイスブックに投稿。

 去年1月、最初にコロナ感染が確認されてから1年8月になります。当初、児童生徒に感染傾向が全く見られなかったのに、今は若年層、特に10歳代に広がっています。

 きょうの“しんぶん赤旗”によると、日本共産党の国会議員団文科省部会が「新学期 学校での対策徹底を」と提言をまとめています。

 安倍晋三前首相がコロナ対策で“Yシャツの第一ボタン”をかけ違えたため、それが尾を引き、いまの菅政権の愚策につながっています。

 去年の2月の安倍晋三首班(当時)の「学校一斉休校」がこの国のコロナ対策を誤らせた第一歩です。あの時点では高齢者対策が一番大事でした。

 検査体制を怠り誤ったメッセージを伝えました。

 そして、次に無理矢理、第二ボタンをまたねじ込む“アベノマスク”で失敗の連鎖が繰り返されました。

 安倍晋三前首相は隠れていないで謝罪すべきです❗

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント