鈴木大地が破れた瀬戸大也に発した珠玉の一言とは?

 東京五輪の水泳に出場した瀬戸大也は期待のメダル候補だった。ところが・・・。

 エントリーした3種目のうちで最も自信があった400メートル個人メドレーでは、ラスト50メートルを流す間にほかの4人に抜かれて敗退した。

 だが、ビッグマウスの瀬戸は、「世界大会でメダルや金メダルをとるには『(予選は)余力を持って』になる。それは自分の戦い方です。いろんなことを言われて腹が立つこともあるけど、戦っているのは自分なので。パワーに変えていきたい」。
 
 これについてバサロ泳法で知られる金メダリストで、前スポーツ庁長官の鈴木大地がこう言った。

 「1番得意の400メートル個人メドレーでつまづいたのがもったいなかった。実は、力を出し切ってなかったって言う。それがもったいなくてしようがない。一生後悔すると思う。まず1つ1つレースで全力を出し切る。これが基本だと思いますね」。

 瀬戸は、そのあとの2種目でもメダルが取れず、東京五輪は全滅に終わった。

日刊スポーツがこう書いた。

 金メダルを掲げた本命の400メートル個人メドレーでまさかの予選敗退。

 続く200メートルバタフライは準決勝敗退。

 最終の200メートル個人メドレーも予選はぎりぎりの16位通過。

 2019年世界選手権では同じ3種目で金、金、銀を獲得していた。しかし東京五輪はメダルに届かなかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント