組織の体なしていない東京五輪の組織委!機能不全!

 東京五輪はいっそのこと開閉会式を止めてはどうか。小山田圭吾で打ち止めかと思ったら、開会式の前日になってユダヤ人を激怒させる事件が発覚。開会式でショーを担当する小林賢太郎をクビにした。

 この程度のことは、起用する前にちょっと調べたら容易にわかることだ。どうやらそれさえしていなかったらしい。

 東京五輪の大会組織委はソシキの体をなしていない。万事、出たとこ勝負で物事を決めているのでこんなことが起きる。

 もとはと言えば、世界に「ウソ」をついて五輪誘致を勝ち取った安倍晋三が、アホ仲間の先輩、森喜朗を大会組織委会長に起用したことだ。

 案の定、森は女性差別発言をやって世間から総スカンを食らい、会長辞任に追い込まれた。

 開会式の演出担当に関しては、

 3月には、演出の統括を任されていた佐々木宏が、人気タレントをブタに例えるなど侮辱する演出プランを提案したことがバレて辞任。

 7月19日には、楽曲担当の小山田圭吾が同級生の障がい者を虐待、リンチにかけたことが知れ渡り、怒りでネットが大炎上。辞任に追い込まれた。

 そして今回の小林賢太郎だ。お笑いをやっていた時代に、ナチス・ドイツのホロコースト(ユダヤ人大虐殺)を揶揄していたことが判明、即刻、解任となった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント