タワマンに住み高級外車乗り回した給付金詐欺の官僚!

 コロナ対策の国の家賃支援給付金をだまし取ったキャリア官僚2人が警視庁に詐欺の疑いで逮捕された事件は社会に衝撃を与えた。  捕まった桜井真(28)と新井雄太郎(28)の「接点」は、10年以上前にさかのぼる。神奈川の私立高で同級生となり、共に慶応大に進学。その後、新井は中退して東京大に入学し直したが、関係性は続いた。  2人が…
コメント:0

続きを読むread more

キミも食欲より性欲かい? 知られざる実態を初撮影!

 エサを探したり、食べたりする時間を割いてまで交尾に励むクマのオスとメス。  中には複数のメスと交尾を重ねるツワモノもいて、クマが一夫多妻制だと確認できたと朝日新聞。  ただし、人間は年中、発情期だが、クマの発情期は5月下旬から7月上旬の限定。この期間だけ若いオスは精子が多量に生産され、メスもこの間だけ排卵する。 朝日…
コメント:0

続きを読むread more

接種後に医師14人死亡! 中国製ワクチンに疑念!

 世界各地で中国製ワクチンの効果を疑問視する声が強い。  インドネシアでは2回のワクチン接種を終えた後、次々と死んで死んでいる。  命が惜しければ中国製ワクチンを絶対に接種してはならない。  中国国内でも同様のことが起きていると考えられるが、中国共産党はかん口令を敷いている。 ******************…
コメント:0

続きを読むread more

天敵・山本太郎が議員でなくて安堵する安倍晋三!

 Facebookが「思い出の数々を振り返ってみよう」と言って、これを送ってきた。  今から1年前の2019年6月26日に私が書いたものだ。  ここに·書き加えるなら、安倍晋三に続く菅義偉もカスの類の政治屋だ。  パンデミック(世界的感染爆発)の中で五輪を開くなど、ガソリンに火をつけるようなものだ。まともな人間の発…
コメント:0

続きを読むread more

年明けから塩野義が国産ワクチン6000万人分供給!

 ファイザーやモデルナでなく、日本独自の国産ワクチンがいよいよ供給されると産経が特ダネを投じた。  みんなこれを待っていた。 *********************  塩野義製薬が開発中の新型コロナウイルスワクチンを生産・供給できる人数が、来年1月から年間最大6千万人分へ倍増することが26日、分かった。これまで「3…
コメント:0

続きを読むread more

飲食業の閉店5230店! コロナ感染拡大が影響!

日経が実施した飲食業調査によると、2020年度の閉店数が5230店に達したことがわかった。 19年度の1・9倍に達しただけでなく、リーマン危機時の08年度(3859店)も大きく上回る。コロナ感染拡大が外食産業に大きな影響を与えた。
コメント:0

続きを読むread more

そこまで分かっていてなぜ、対策を徹底しないのか?

 厚労省は「すり抜けるのは必然的に無症状感染者」などと間抜けなことを言っている場合ではない。  そこまで分かっているならなぜ、対策を徹底しないのか?  お前たちの「やる気のなさ」が感染拡大を招くことを自覚せよ! ******************* 東京新聞がこう報じた。(要約転載)  開会式まで1カ月を切っ…
コメント:0

続きを読むread more

五輪の強行開催に天皇陛下から突きつけられた不信任!

 宮内庁長官の「天皇陛下の五輪懸念拝察」発言は海外でも波紋を広げている。  海外メディアの多くは、共同通信を引用する形で伝えている。  「天皇から不信任を突きつけられた」などと速報した。 ***************  デイリースポーツによると、コロナ感染下での五輪開催について宮内庁の西村泰彦長官が、天皇陛下の…
コメント:0

続きを読むread more

官僚が火事場泥棒!経産省のキャリアが給付金詐欺!

 給付金はコロナで困窮する中小零細事業者への支援だ。法人の上限が600万円、個人事業主は300万円。その給付金は経産省の外局の中小企業庁が所管している。  それを、あろうことか経産省の現職キャリア官僚2人がだまし取っていた。官僚が火事場泥棒のようなマネをするとは看過できない。  驚いたことには2人のうちの1人は、都内でも超一…
コメント:0

続きを読むread more

これが本当の水際作戦!日本はオーストラリアに学べ!

 オーストラリアは「Go hard  Go early」(厳しく、早く)をモットーに、感染者数が少ないうちに数日間のロックダウンで感染者を抑えみ、早期に元の生活に戻すという戦略だ。  こうした徹底した水際作戦が功を奏し、オーストラリアでは目立った感染爆発が起きていない。  これに対し日本はどうか?   見ての通り、ウガ…
コメント:0

続きを読むread more