朝日新聞社が報道機関としての責任を「放棄」!

 朝日新聞がこんな奇妙な記事を書いた。

朝日新聞デジタル 6/7(月) 20:21配信

「日本オリンピック委員会の経理部長、電車にはねられ死亡」

 7日午前9時20分ごろ、東京都品川区の都営浅草線中延駅で、男性がホームに入ってきた普通電車にはねられた。男性は約2時間後に搬送先の病院で死亡が確認された。

 男性は日本オリンピック委員会(JOC)の経理部長(52)。警視庁は、目撃情報などから自殺の可能性が高いとみている。

詳しくはここをクリック
https://news.yahoo.co.jp/articles/6839f27600bc07d7dd452ad01ee8796f0101d4fc
********************

 これほど不自然な書き方の記事を見たことがない。

 「JOC経理部長、電車にはねられ死亡」の見出しからして不自然だ。

 せめて「JOC経理部長、電車に飛び込み自殺」と書くべきだ。

 しかも、産経などがちゃんと「経理部長、森谷靖さん」と実名で書いているのを、朝日はあえて名を伏せた。

 JOCの経理部長と言えば、疑惑に包まれた東京五輪の台所を預かる最も重要な立場の人間だ。

 その人物が五輪開催を目前にして電車に飛び込み自殺するなど、ただごとではない。

 当然、超大級で扱うべきビッグニュースだが、マスコミはわざと無視した。扱いも極めて小さい。

 朝日に至っては単なる飛び込み事故扱い。ニュースを意識的に小さく見せようと工作する始末。

 その上、前代未聞の「悩みの相談先」まで列記した。「なんだこれは?」と言いたい。

 結果的に、朝日が妙な記事に仕立てたことで問題の重要性が浮き彫りになった。朝日のソンタクが露呈した。

 五輪スポンサーである朝日新聞社は、報道機関としての責任を「放棄」した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント