コロナで人が死んでも「やるのが五輪」と竹中平蔵!

 教授の肩書を悪用し利権あさりに余念がない「現代の政商」竹中平蔵。

 その政商が6日、読売テレビに出演し、東京五輪について「世界に対して『やる』と言った限りはやる責任がある」と発言。そもそもが開催か中止(延期)かの議論事態がおかしいと暴言を吐いた。

 コロナ感染拡大が「日本の国内事情」だと? パンデミック(世界的感染爆発)が日本の事情なのか?バカも休み休みに言うがいい。

 問題のすり替えは詐欺師・竹中の常とう手段だ。都合が悪くなるといつもこの手を使う。

 竹中は他人がいくら死のうが「自分には関係ない」と言う感覚の持ち主だ。カネの亡者。

 貧しかった子供のころの体験が裏目に出て、カネの亡者と化したこの男は、教授の肩書を悪用し、時の権力に巧みに食い込み、狂ったようにカネが詰まった穴を掘りまくる。

 これがその実例。東京五輪で1000%の利益を上げたパソナの会長(年俸1億円以上)を兼務している「政商」が竹中平蔵だ。

詳しくはここをクリック
https://kot8asb9070.at.webry.info/202106/article_63.html
純利益1000%!驚愕の竹中平蔵「パソナ五輪商法」

もっと知りたければここをクリック
https://kot8asb9070.at.webry.info/theme/2cfd30009f.html

*****************
デーリースポーツがこう書いた。

 竹中は「なんでやるか、やらないか、あんな議論するか、私は分からない。だって、オリンピックってのは、世界のイベントなんですよ。

 世界のイベントをたまたま日本でやることになっているわけで、日本の国内事情で、世界に『イベント(五輪)やめます』というのは、あってはいけないと思いますよ。

 世界に対して、『やる』と言った限りはやる責任があって」と『世界の五輪』を新型コロナウイルス感染拡大という「日本の国内事情」を理由に中止するなどはありえない、とした。

 さらに、落語家・立川志らくが「世論の6、7割が(五輪は)中止だって言ってる、世論が間違ってるってこと?」とたずねると、「世論は間違ってますよ。世論はしょっちゅう間違ってますから」と平然と答えた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント