立憲民主党は「志位和夫らへの感謝の気持ち」ない?

 私は以前から疑問に思っていたことがある。野党協力である。衆参選挙の度に日本共産党は立憲民主党らに協力している。

 まともな組織のない彼らは共産党におんぶにだっこと、お世話になっているにもかかわらず、これっぽっちの感謝の気持ちもない。あれば「今度は私たちが応援する側に回ります」と言うはずだ。そんな話は一度も聞いたことがない。

 それどころか当選すれば、「自分の力で勝った」かのような顔をする。立憲の親分筋の連合に至っては「共産党との共存はあり得ない」とまで暴言を吐く。立憲はそんな好きなことを言う連合と、いまだに縁を切ることが出来ないでいる。

 志位和夫はそこまで言われてなぜ、協力するのか不思議でならない。

 選挙は「相互推薦」の互恵関係であるべきだ。立憲民主党にその覚悟がないなら選挙協力などやめたらいい。自分たちだけでは勝てないから共産党に頼るのではないか?

 自民党と公明党は互恵関係で結ばれているから連立が続く。一方的な利益供与では長くは続かない。

 志位和夫は自力では自民党を倒せないから、ガマンにガマンを重ねて耐え忍び野党共闘の基盤を必死で守ろうとしている。だが立憲民主党が連合の「へその緒」を引きずっている間は真の共闘は無理だ。政治は妥協の産物と言うが、彼らには妥協の余地がない。

 私は日本共産党が「庶民党」「連帯の会」などと党名を改めてスタートすれば、有権者の心をとらえてたちまち野党第一党に躍進すると思う。そうすれば政権交代も夢ではない。

 ただし条件がある。
共産革命を目指すなどと二度と言わないこと。
党内外からの批判の自由を保証すること。
日本の安全保障と外交の指針を明確に示すこと。
などである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント