三菱電機、今度は電車ドア開閉の空気圧縮機でも不正!

 三菱電機はJR新幹線や私鉄、地下鉄など鉄道車両の空調装置で検査をしたように見せかけて架空の検査結果を作成していたことが発覚したばかりだが、新たに電車ドアの開閉に使う空気圧縮機でも「見せかけ検査」などデタラメな検査を続けていた。

 三菱電機はパワハラで自殺者が相次ぐなどブラック企業の代表だが、それにしても次から次へと、ひど過ぎる。

 三菱と言えば、三菱自動車のパジェロが走行中に炎上するなど欠陥車の代名詞となった。車が突然、火を噴くなど考えられなかった。三菱の車を買うのは関係者以外にはほとんど見たことがない。みんなトヨタや日産、ホンダなどに乗り換えた。

 三菱電機も三菱自動車も、三菱という看板にあぐらをかいているのではないか。その傲慢さが性懲りもなく、平気で欠陥商品を世に送り出しているのではないか?

 三菱は四国土佐の下級武士、岩崎弥太郎が起こした集団だ。岩崎は巧みに時の政権や軍部に近づき、官営工場をタダ同然で払い下げてもらうなどして急成長した典型的な「政商」である。

 教授の肩書を悪用し利権あさりに余念がない「現代の政商」が竹中平蔵。政治屋に接近して利権漁りをする点では岩崎と竹中は同類項である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント