朝日と毎日が1面トップで報じた三菱電機の架空調査!

 朝刊各紙を点検した「レスポンス」が速報で届けてくれた。

 エレベーターの品質検査や安全認証基準などをめぐる問題や社員のパワハラ自殺などでは時折、紙面をにぎわすことも少なくない三菱電機。

 こんどは鉄道車両向け空調機器について30年以上にわたって、架空のデータを用いる不正な検査を行っていたことがわかったという。

 きょうの朝日と毎日が1面トップで報じたほか、各紙も社会面などで取り上げている。

 三菱電機は6月29日に開いた株主総会では6月中旬に社内調査で発覚したものの、この不正について株主には説明しなかった。

 毎日新聞や朝日などの記事によると、鉄道向けの空調設備の出荷検査で、30年以上にわたって不正が行われていたのは長崎製作所で製造し、JRや私鉄、東京メトロの地下鉄など全国の鉄道会社に納入しているという。

 不正があったのは、鉄道車両の上部に取り付ける空調設備で、納入先の顧客が指定した検査を行わないまま、1980年代から出荷していたという。

関連原稿はここをクリック
典型的「ブラック」の三菱電機はこんなに危ない会社!
https://kot8asb9070.at.webry.info/202106/article_369.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント